Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国の国内空港/光州・蔚山・浦項など全7か所!施設や就航航空会社も

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
airport-korea-top
スポンサーリンク
広告336×280

韓国の国内空港7ヶ所を紹介

韓国国内にある国内空港7ヶ所を紹介いたします!

韓国の地方観光をする際に、地方に住む韓国人の、または韓国在住の友達に会いになど、陸路の他に空路を知っておくと後々タメになるかもしれません。

目的の観光地に安くスムーズに到達するための手段の一つとして覚えておくといいでしょう

それぞれその空港がどの空港につながっているのか?

どんな航空会社が通っているのか?

各施設はどんな設備なのか?

を元に調べました!

では早速見てみましょう!

※順不同です

광주공항【光州(グヮンジュ)空港】[KWJ]

gwangju-airport

1948年に開設、金浦国際空港ジェジュ国際空港ヤンヤン国際空港にそれぞれ大韓航空・アシアナ航空・コリアエクスプレスエアが国内線として飛ぶ『光州(グヮンジュ)空港』

国際線としての空港を目指していたようなのですが、2008年にムアン国際空港が開港したことにより正式に国内空港として存在することになりました。

さらに、構想としてはそのムアン国際空港がうまくいけばこの【光州(グヮンジュ)空港】を閉鎖する予定なのだそうです。

光州地下鉄駅までは空港から700mほど歩かなくてはいけないので注意です

空港内は広くはないが小綺麗で市内へのアクセスが良いのでムアン国際空港に比べて利便性の面で良い。いわばソウルでいうところの仁川と金浦のような関係性。

もともとは軍で使用している空港なので、基本写真撮影は禁止。

군산공항【群山(グンサン)空港】[KUV]

gunsan-airport

1938年に開設、1日1・2往復ジェジュ国際空港に大韓航空とイースター航空が飛ぶ『群山(グンサン)空港』

こちらも軍での使用がもともとの始まり。

空港周辺には特に何かあるわけでもなく、空港の施設自体もかなり小さいです。

사천공항【泗川(サチョン)空港】[HIN]

1969年に民間航空受け入れ開始、金浦国際空港ジェジュ国際空港に大韓航空とアシアナ航空が飛ぶ『泗川(サチョン)空港』

施設はとても小さく、まるでバスターミナルかのような作りです。

小さく狭いため、人が少なく、比較的何でもスムーズで、掃除も行き届いていて綺麗です。

울산공항【蔚山(ウルサン)空港】[USN]

ulsan-airport

1970年開港、金浦国際空港ジェジュ国際空港に大韓航空とエアプサンが飛ぶ『蔚山(ウルサン)空港』

2階建ての建物で、1階でチェックイン後2階にて出国手続きをします。出発ロビーにはカフェ・セブンイレブン・レストランがあります。

駐車場はそこまで広くはないようですが、空港入り口にほど近いので便利なのと、そこまでしないから離れていないので空港までのアクセスが良いです。

蔚山からソウルに行く時はKTXよりも飛行機を利用した方が、時間的・料金的にお得です。

여수공항【麗水(ヨス)空港】[RSU]

yosu-airport

1972年に初就航、金浦国際空港ジェジュ国際空港に大韓航空とアシアナ航空が飛ぶ、『麗水(ヨス)空港』

空港がバスターミナルのようで2階に韓国定食屋さんとお土産屋さんがあったり、本来空港に備わっているものは基本的にあるけれども、

(空港が)小さいので当然ラウンジもなく、便数もかなり少ないため、旅客車もそれに従い少ないです。港に近い場所へのアクセスは良い模様です。

원주공항【原州(ウォンジュ)空港】[WJU]

wongju-airport

1975年開港、空軍基地を併設しており、1日1便ジェジュ国際空港に大韓航空が飛ぶ『原州(ウォンジュ)空港』

軍の空港でもあるので基本的には写真の撮影は不可。

空港は小さく、こちらもバスターミナルかのような作り。空港内には特にレストランやカフェ・コンビニなどの施設がないので、空港外で食事などは済ませておいたほうが良いでしょう。

空港というにはかなり物足りない雰囲気。

포항공항【浦項(ポハン)空港】[KPO]

pohan-airport

1970年開港、米軍との共用飛行場で、現在は金浦国際空港に大韓航空が飛ぶ『浦項(ポハン)空港』

空港の天井は高く感じますが、施設自体には特にこれといって何かあるわけでなく、全体的に静かな雰囲気。

空港までのバスは200番の1種類のみ。慶州に一番近い空港にはなるので、そちらへ旅行の際は一役かうかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

私も調べてみて意外と知らない空港がこんなにもあるのにびっくりでした!

こうして見てみるとやっぱり国内線に関しては大韓航空が強いですね〜!

だいたいどこの空港にも大韓航空が飛んでいて、たまにアシアナ・イースター・エアプサンが飛んでいるような形。

国内空港に関しては以前の国際空港でも紹介した8つの空港も国内線の機能も兼ねていることから、国内線だけを取り扱う上記の7つの空港はいずれも規模が小さく、それに伴って施設も今ひとつな印象です。

その中でも一番利用者が多いのは

【光州(グヮンジュ)空港】

その次に多いのは

【蔚山(ウルサン)空港】

となっていますね。

それと国内空港に関しては韓国の場合は軍の飛行場としても役割も担っていることが多いようです。

さらにこれらの国内空港がつながっている空港は金浦国際空港ジェジュ国際空港がほとんどでした!

やっぱり地方からソウルとジェジュ島に行く人がほとんどだということの表れですね!

こういった空港の事情から人の動きなんかも見れて面白いですね^^

韓国の国際空港全8ヶ所を見てみたい方はこちらから

韓国のメジャー国際空港4選!韓国内にある国際空港全8ヶ所を紹介!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
広告336×280
広告336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする