シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

057.韓国語で「はい」の多様なバリエーションを紹介!【ゆすさん代打編】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
네

「アンニョン!韓国」057.韓国語で「はい」の多様なバリエーションを紹介!【ゆすさん代打編】】の文字起こしスクリプトです。

Apple PodcastGoogle PodcastAnchorStand.fmSpotifyのいづれでもお聞きになれます。

▼韓国語の自動翻訳版はこちら▼
(*自動翻訳のため、翻訳内容に誤りがあります。ご了承ください)
(戻る場合はブラウザの戻るボタンでお戻りください)

“【佐藤】"

さて今回ですねいつも相方としてですね、あのラジオ放送してくれているJPさんのちょっと都合がですねスケジュール的にちょっと会わないということで、急遽ですね今回助っ人としてお呼びしている方がいます。ゆすさんですよろしくお願いします

“【ゆす】"

여러분 안녕하세요

“【佐藤】"

よろしくお願いします。ありがとうございます

“【ゆす】"

よろしくお願いします

“【佐藤】"

はい。あのね、えっとゆすさんってねこのアンニョン韓国を聞いていらっしゃるねリスナーさんであればゆすさんのことは御存知かもしれないんですけれども、第46回のゲストでですね来て頂いた日韓ハーフの方ででして、韓国語が非常に堪能な方ですので、今回はですねJPさんの代わりにということで来て頂いて色々ねちょっと一緒にお話しして行きたいなと思ってますのでよろしくお願いします

“【ゆす】"

이렇게 또 그 전에 게스트 회에 불러 주셨는데요 또 이렇게 다시 저도 좀 보게 될 줄은 몰랐는데 다시 이렇게 찾아 뵐 수 있어서 너무 좋고요 사실 좀 약간 긴장은 또 하고 있는데 예 정말 평소에 애청하고 있는 이 라디오에 안녕 한국에 이렇게 다시 나올 수 있어서 너무 영광입니다 네 제가 JP상 대신에 어디까지나 할 수 있을 지 모르겠지만 열심히 해보겠습니다 잘 부탁드리겠습니다

“【佐藤】"

いやーほんとありがとうございます。あのどうかちょっと緊張ねそんなにしないで楽に話してもらえればと思うんで(笑)

“【ゆす】"

“【佐藤】"

はい。ということで今回のテーマに早速うつりましょうかね

“【ゆす】"

“【佐藤】"

はいということで今回のテーマなんですけれども、まあ韓国語学習者さんであればもう一番最初に学ぶであろう네っていう。その日本語でいうはいっていう返事ですね。これのバリエーションについてですね今回は話していこうかなということなんですよ

“【ゆす】"

네 저도 아까부터 계속 네네 그러는데요 역시 그 대답을 할 때 면은 대표적인 게 네죠

“【佐藤】"

そうですよねそうそうそう

“【ゆす】"

사실 이제 한국어를 배우실 때도 아마도 맨처음 쪽에 나오지 않을까 하는데 네 아니면은 아니에요 아니요 네 아니요 뭐 이렇게 많이 배우실 거 같은데

“【佐藤】"

そうそうそう

“【ゆす】"

사실 이 네에도 여러 가지 종류가 있다는 거는 처음 이제 학습할 때는 몰랐는데 뭐 드라마를 보거나 아니면은 회사 생활 속에서 아니면은 또 이제 주로 친구들이나 문자를 문자 소통을 하면서 네도 이렇게 여러 종류가 있구나 저도 사실 그런 거를 좀 많이 알게 됐어요

“【佐藤】"

あ、ゆすさんもやっぱり色々と感じて色んなバリエーションに触れてきたということですよね。そう僕もねあの一番最初に習ったのが네と아니요。いわゆるはいといいえだったんですよ

“【ゆす】"

“【佐藤】"

でまあそれで良しとしてずっと頭の中に入ってそのままね次の段階って進んできたんですけど、韓国に来てみていろんな生活の中でねこれ네の中にもいろんな使い方あるじゃんみたいなことをこの生活中で色々勉強してきたというか。何て言うんでしょうね。学んできたんですよねそう。だからまあこういうねいろんな種類をちょっと今回はね解説していこうと思うんですけれども。まずはその一番最初にまあその普通の네ですよね

“【ゆす】"

하이 하이죠 이제 네가

“【佐藤】"

そうそうそう。はいって言う意味のね。そうこれは万能に使えるというか。どんな場面でもまずはいでいいですよね

“【ゆす】"

그렇죠 이제 회화에서도 쓸 수 있고 이제 뭐 문자나 편지에서도 쓸 수 있고

“【佐藤】"

そうそうそうそうですよね

“【ゆす】"

“【佐藤】"

別にまあ失礼にも当たらないしかといって別に何て言うんだろうな意味でも悪い意味でも無表情と言うか

“【ゆす】"

제일 기본적인

“【佐藤】"

そうですね基本的な

“【ゆす】"

대답이라고 할 수 있을 것 같은데요

“【佐藤】"

間違いないです。でこれにね次はね네にね下にパッチムの部分にㅇがついた넹っていう、なんて言うこれあってるのかな僕の発音(笑)まあ넹っていう

“【ゆす】"

맞는 거 같아요 예 좀 인토네이션이 억양이 어떻게 될지 모르는데 넹 이렇게

“【佐藤】"

そうですねうん

“【ゆす】"

네 왜냐면은 이게 별로 여성분은 어디서 이렇게 좀 애교를 담아서 쓸 수 있는 기회가 있을지도 모르는데 남자는 별로 이게 말하는 데 쓸 기회가 없잖아요

“【佐藤】"

そうそうそうね

“【ゆす】"